特定寄附金
「ビジコンOSAKA 2018寄附金」のお願い

公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは「公益目的事業を主たる目的とする法人」として大阪府から「公益財団法人」の認定を受け、かつ税法上の「特定公益増進法人」と位置付けられている団体であり、大阪の中小企業の経営力強化や創業を支援することにより、都市型産業の創出及び振興を図り、もって大阪経済の発展に寄与することを法人の目的としています。

ビジコンOSAKA 2018」は大阪の経営者団体(なにわあきんど塾同友会、一般社団法人大阪市産業経営協会、大阪市女性起業家情報交流協会)とともにビジネスコンテストをきっかけにアイデアの事業化を応援するイベントで、アイデアの実現・発展が将来の大阪の経済の活性化につながることが期待されるビジネスプランを応援します。

このたび、上記事業運営の充実を目的とした特定寄附金を創設いたしました。つきましては、この「ビジコンOSAKA 2018」の趣旨にご賛同とご理解をいただき、ご寄附をお願い申し上げます。

是非とも皆様の格別のご協力を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

平成30年6月

公益財団法人大阪市都市型産業振興センター

理事長 秋山 千尋


●当財団は、公益財団法人であるため「特定公益増進法人」に対する寄附として、今回寄附された金額には税制上の優遇が受けられます。

募集総額金60万円
募集期間平成30年6月27日~平成30年10月19日
寄附金使途主に事業広報(イベント集客のための交通広告掲出およびチラシ作成等)

寄附金の手続き

  • 下記のお申し込みフォームよりお申し込みください。
    → 個人様用フォームはこちら → 法人様用フォームはこちら
  • 寄附金は1口5,000円からとし、金額の制限はありません。
  • 送金は、お申し込み後に下記に記載した指定口座へ銀行振り込みでお願いいたします。
  • 銀行名りそな銀行 大阪公務部
    預金種目普通
    口座番号3092702
    名義公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
    サ゛イ)オオサカシトシカ゛タサンキ゛ョウシンコウセンター
    ※大変恐縮ですが振り込みに係る手数料はご負担ください。
  • (公財)大阪市都市型産業振興センターは、お申し込みの際に提出された個人情報について、申込者との間の連絡のために利用させていただきます。このほか 当財団では関連事業をご案内するため以外には個人情報を利用いたしません。
  • ご不明な点は下記事務局にお問い合わせください。
  • 公益財団法人 大阪市都市型産業振興センター 総務部総務課「ビジコンOSAKA 2018」係
    〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
    TEL : 06-6264-9800

「ビジコンOSAKA2017」に関する寄附金のご報告

寄附合計

件数: 9件

総額: 590,000円

(平成29年11月24日現在)

寄附(敬称略、順不同)

法人

個人

他1名

ビジコンOSAKA2017 開催報告

ビジコンOSAKA2017が、2017年11月25日(土)13:00~大阪産業創造館4階イベントホールにて開催されました。
今回は、主催4団体に加え、創業を応援する主旨に賛同頂いた尼崎信用金庫様より、賞金として総額100万円を協賛いただきました。当ビジコン開催にあたりましては、皆様からの寄附金を大阪市営地下鉄(現:Osaka Metro)の中吊り広告費用に充て広報したことで、当日は約160名の来場者で満席となりました。出場者にとっても、より多くの方に事業を聞いてもらえる機会となり、一方で、他社の事業プレゼンを聞いて自身の起業のヒントを得たいというニーズが高いことが伺えました。

ビジコンOsaka 会場の様子

応募総数は56件(Venture部門29件/Renovator部門27件)。その中から書類審査とプレゼン審査を通過した各部門5名づつが最終発表会に出場しました。

プレゼンの様子 審査員の方々

イベントホールのホワイエでは、出場者による事業紹介コーナーを設置し、出場者自らの商品やサービス紹介を聞きながら、名刺交換などが活発に行われていました。10社すべてのプレゼンが終了し、審査員が受賞者選定の協議をしている時間、あみだ池大黒の代表取締役社長 小林昌平様にご講演頂きました。6代目という歴史と経営資源を活用しながら、新たな領域に挑戦しながら経営されている実体験談には、多くの学びを頂戴しました。

事業紹介コーナーの様子 あみだ池大黒社長講演

結果発表では、社名が呼ばれた出場者から「やったー」という歓声と共に、プレゼンを応援にきたスタッフや知人も歓声と拍手を送るなど、会場が大いに沸きました。部門賞、あましん賞の授与の他、各主催団体賞の提供もあり、これを機に、各支援団体が持つネットワークによるサポートを継続して行っていく予定です。

ベンチャー大賞 リノベーター大賞 あましん賞 あきんど塾同友会賞 集合写真